設立に至るまで

昭和50年4月

学芸職員懇話会で自主研究グループ結成案が練られる。

昭和50年9月

学芸職員懇話会で研究グループ結成と運営方法が話し合われる。

昭和51年1月

北海道博物館協会主催「学芸職員等研修会」開催で、「学芸職員部会」の組織化について提案。準備世話人会決定。

昭和52年6月9日、10日

第16回北海道博物館大会で「学芸職員部会」設立が議決。準備世話人会代表に澤四郎氏を選出。

【設立主旨】

1 学芸職員間相互の連携をはかる。

2 博物館に関する研究を推進し、自己研鑽を通して館活動の発展に資する。

3 学芸職員個々のエネルギーを結集し、北海道博物館界の発展の一助とする。

4 この部会を北海道博物館協会に所属するものとし、協会が行う事業の学芸部門の充実を図る一案とする。

【世話人会】

代表 澤  四郎(釧路市立博物館館長補佐)

矢野 牧夫(北海道開拓記念館普及課長)

亀谷  隆(北海道開拓博物館研究職員)

金盛 典夫(斜里町立知床博物館学芸員)

越田賢一郞(道立三岸好太郎美術館学芸員)

千代  肇(市立函館博物館主任)

土屋 周三(小樽市博物館学芸員)

佐藤 一夫(苫小牧市青少年センター学芸員)

其田 良雄(旭川市立郷土博物館学芸員)

杉浦 重信(富良野市郷土館学芸員)

武田  厚(道立近代美術館学芸課長)

昭和52年7月28日

北海道開拓記念館で設立総会。正式に発足。

【初代役員】

部会長  矢野 牧夫(北海道開拓記念館)

副部会長 武田  厚(北海道立近代美術館)

幹 事  千代  肇(市立函館博物館)

幹 事  佐藤 一夫(苫小牧市青少年センター)

幹 事  亀谷  隆(北海道開拓記念館)

幹 事  杉浦 重信(富良野市郷土館)

幹 事  山之内 続(上士幌町ひがし大雪博物館)

幹 事  澤  四郎(釧路市立博物館)

幹 事  金盛 典夫(斜里町立知床博物館)

監 事  土屋 周三(小樽市博物館)

監 事  越田賢一郞(道立三岸好太郎美術館)